So-net無料ブログ作成
検索選択

武田薬品とノバルティスがトップ―製薬企業イメージ調査(医療介護CBニュース)

 2009年度における企業イメージが最も高く評価された製薬企業は、武田薬品工業とノバルティスファーマだったことが、民間調査会社のインターナショナル・アライアンスの調べで分かった。

【「各項目の上位3位」詳細】


 調査は昨年11-12月、製薬企業や薬品卸などの経営者や社員などを対象に実施。国内および外資の製薬企業30社の、▽経営の質▽製品の質▽潜在的成長性▽新薬創造能力▽開発の質▽MRの質▽将来の利益性▽総合評価―の8項目について、1-5の5段階で評価された点数の平均を各企業の点数とした。

 8項目の平均点のトップは、武田薬品とノバルティスファーマ(共に3.9)だった。以下は、3位の中外製薬とグラクソ・スミスクライン(共に3.8)、5位のエーザイ(3.7)、6位のアステラス製薬、アストラゼネカ、サノフィ・アベンティス、ファイザー(いずれも3.6)、10位の第一三共、万有製薬(共に3.5)と、いずれも0.1ポイントの差だった。


【関連記事】
世界製薬大手12社が増収
米特許切れのマイナス影響が顕在化―武田薬品
中外製薬、売上高など過去最高の業績
国内売り上げが海外減収分を補い増収増益―エーザイ
国内医療用薬4.3%の増収―アステラス

【アートカレンダー】桑原正彦展 東京・清澄 小山登美夫ギャラリー(産経新聞)
シュワブ陸上案を拒否=官房長官に伝える−沖縄知事(時事通信)
山陰線ホームで15m行き過ぎ、30人乗れず(読売新聞)
<防犯ボランティア>団体数、参加者ともに過去最多 09年(毎日新聞)
<三菱化学火災>2人を業過致死罪で略式起訴 水戸区検(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。