So-net無料ブログ作成
検索選択

裁判員制度「合憲」 初判断「国民参加は許容」 東京高裁(産経新聞)

 裁判員制度の違憲性が争点となった中国籍の男の控訴審判決が22日、東京高裁で開かれた。小西秀宣裁判長は「憲法は下級裁判所の構成を直接定めておらず、裁判官以外の者を構成員とすることは禁じていない」として、裁判員制度を合憲と判断した。その上で、懲役18年とした1審宇都宮地裁判決を支持、被告の控訴を棄却した。裁判員制度を合憲とした判断は初とみられる。

 裁判員制度の違憲性が争点とされたのは金銭トラブルから知人の中国人男性=当時(30)=を刺殺したとして殺人罪などに問われた中国籍の整体師、付佳男(フ・ジャナン)被告(26)の控訴審。弁護側は「憲法は司法権の担い手として裁判官のみを予想して設計されている。裁判員制度は、憲法の予想しない制度で、被告の裁判を受ける権利が侵害されている」として裁判員裁判の元で判決が言い渡された1審の違憲性を指摘していた。

 小西裁判長は、「憲法が裁判官を下級裁判所の基本的な構成員に想定しているのは明らかだが、構成については直接定めていない」と指摘。旧憲法の「裁判官の裁判を受ける権利」と異なり、現行の憲法が「裁判所における裁判を受ける権利」を保障していることから、「国民の参加した裁判を許容し、排除するものではなかったことが明らかである」とした。

 その上で、「公平な裁判を行える裁判員を確保するよう、資格要件などが規定され、適正な手続きで裁判が行われており、被告の権利を害してはいない。(参加を義務づけられた)国民の負担も必要最小限のものと評価できる」などと結論づけた。

石原知事の提訴検討=「帰化」発言めぐり−社民・福島党首(時事通信)
参院選公約に「国民安心税」=自民(時事通信)
<長崎県美術館>日本初、エル・グレコ「聖母戴冠」の展示を延期 火山噴火の影響で(毎日新聞)
【チャイム】東大門670年ぶりに開門 解体修理のため(産経新聞)
谷垣氏「首相は発言が軽い」 党首討論(産経新聞)

火山灰拡散26カ国影響 東欧やロシアにも(産経新聞)

 【ロンドン=木村正人】アイスランドの火山噴火による火山灰は17日未明までに東欧、ロシア上空に達し、ロイター通信によるとロシアやエジプトを含む26カ国で空港閉鎖や欠航などの影響が出た。民間航空管制機関協会(本部アムステルダム)は「混乱は数日続く恐れがある」とし、経済的損失は「数億ドル(数百億円)以上」(米メディア)との懸念も広がる。

 英BBC放送によると、17日未明の時点ですべての空港が閉鎖されたのはフィンランド、オランダなど10カ国。英国やドイツフランス、イタリアなど10カ国でも主要空港が閉鎖され、2日間で2万6千便以上が欠航した。英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は17日も全便を欠航。米デルタ航空が北米便を欠航するなど混乱は続いている。

【関連記事】
アイスランド火山噴火、経済的損失「数百億円以上」
天災なんの!岡田監督、モスクワ到着
ポーランド国葬延期せず アイスランド火山噴火
江田参院議長のポーランド弔問中止
「9・11以来」世界の空が大混乱
外国人地方参政権問題に一石

事故調漏えい、JR西2社員を取り調べ(読売新聞)
【きしむ空港】第2部・関西3空港(1)あいまい結論 大阪と兵庫、亀裂生んだ「懇談会」(産経新聞)
<貸倉庫殺人>借り主の関係者ら3人が行方不明 長野(毎日新聞)
<三好市長選>現職の俵氏が再選 徳島(毎日新聞)
都心で41年ぶりの遅い雪 千葉では記録更新(産経新聞)

川崎の双子死亡、出火元でライター発見(読売新聞)

 川崎市中原区で8日に3歳の双子の兄弟が死亡したマンション火災で、火元とみられる洋室ベッド脇でライターが見つかったことが、捜査関係者への取材でわかった。

 中原署は、何らかの理由でライターが着火したのが原因だった可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者によると、同署と市消防局が9日に行った1階の会社員折原道宗さん(38)方の実況見分で、ベランダに面した洋室のベッド脇でカーペットが丸く焦げ、使い捨てライター1個が見つかった。隣接する居間にも複数のライターがあった。

 死亡した次男一輝ちゃん(3)はベランダと反対側の玄関前の廊下、三男義輝ちゃん(3)は居間で倒れていた。折原さんの母つる子さん(62)は玄関脇の洋室で倒れて重体。

 折原さんは喫煙しているが、子供たちがいたずらしないようにライターを隠していたという。

防犯カメラで痴漢半減、埼京線が全列車設置へ(読売新聞)
大型車にひかれ母即死、抱いた1歳児は無事(読売新聞)
仕送り減、月9万3200円=1日の生活費1123円−首都圏私大生、09年度調査(時事通信)
子供が死亡した家に「子ども手当」の申請書を誤送 港区(産経新聞)
在外有権者が投票求め提訴 裁判官国民審査(産経新聞)

<毒ぶどう酒事件>惨劇の公民館すでに撤去(毎日新聞)

 集落は田んぼや茶畑に囲まれた静かな山すそにある。「名張毒ぶどう酒事件」から丸49年となる今年3月28日、事件の舞台となった三重県名張市の葛尾地区を訪れた。市中心部から北西に約5キロ。桜並木はまだつぼみのままだった。「あまり思い出したくないね」。事件について、地元の住民は言葉少なだ。現場は当時と一変、外部からの訪問者に惨劇を思い起こさせる痕跡は見当たらなかった。【伊藤一郎】

 急な坂道を歩いて上ると目の前にゲートボール場があった。事件現場だった公民館は小高い丘の上にあったが、建物はかなり前に取り壊されたという。

 敷地の片隅に大きなムクの老木がそびえ、枝の下に黒い種が落ちていた。「ムクの種は羽子板の羽根の重りになる。この木は、事件の真相を見ていたかもしれないな」。近くにいた地元の区長、福岡芳成さん(61)が話してくれた。

 道を挟んで南側の広場の集合墓地に、犠牲者を慰霊する背の高い仏像がまるで多くの墓を見守るように立っている。その仏像の顔の向きと反対側。今は畑となっている場所に、かつて奥西勝死刑囚(84)の家の墓だけがポツンと離れてあった。今は家族の手で別の場所に移されたという。

 同じ日に現地を訪れていた奥西死刑囚を支援するグループが、仏像の前に供養の花束を供えた。福岡さんはその様子を遠目に見ながらいらだつように話した。「遺体解剖が行われた場所を踏んでいることも知らないのに、事件の何が分かる」

 墓地がある丘の下には以前、奥西死刑囚の家があった。その家から現場までは、歩いて1分足らず。隣には、奥西死刑囚が公民館に運ぶぶどう酒を取りに行った当時の地区会長の家が今もある。数分で歩き回ることのできる範囲内で、日本中を騒がせた事件が起きたとは想像できない。

 近所の女性に話を聞いた。「事件の日は毎年、地域で集まって供養していたが、十三回忌でやめてしまった」。別の女性は「事件後は公民館に寄るのも怖かった」という。「忙しいから、そんな話しゃべっちゃおれん」。ある男性は目をそらし問いかけを遮った。記者が来なければ、この日が事件当日だと思い出すこともないのにと感じているようだった。

 県境をまたぎ、奈良県側に出ると、視界が広がった。眼下には奥西死刑囚が「農薬の瓶を捨てた」と「自白」した名張川が見えた。

 最高裁は5日付の決定で、混入農薬について疑問を示し名古屋高裁に審理を差し戻した。発生から半世紀近く。惨劇の痕跡は消えても、住民たちは事件の記憶をぬぐい去ることはできない。

 【ことば】名張毒ぶどう酒事件

 61年3月28日、三重県名張市葛尾の公民館で開かれた住民の懇親会で、農薬入りぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡、12人が重軽傷を負った。「妻と愛人との三角関係を清算しようとした」と自供した奥西死刑囚(当時35歳)が殺人容疑などで逮捕されたが、起訴直前に全面否認に転じた。1審津地裁は無罪、2審名古屋高裁は逆転死刑、最高裁(72年)で死刑が確定。高裁は第7次再審請求審(05年)で再審開始を決めたが、異議審で取り消した。

【関連ニュース
名張毒ぶどう酒事件:他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第
名張毒ぶどう酒事件:差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」
名張毒ぶどう酒事件:84歳の奥西死刑囚「後がない」
名張毒ぶどう酒事件:再審の可能性…最高裁が差し戻し
社説:毒ぶどう酒事件 一刻も早い審理が必要

老人専門医療の質を評価する指標を策定―老人の専門医療を考える会(医療介護CBニュース)
若林氏辞職 自民党内からも厳しい声、与野党そろって批判(産経新聞)
スーツケース遺体、33歳の韓国女性か(読売新聞)
保護者と性行為の小学校長を懲戒免職 会議室、屋上などでも…(産経新聞)
平沼氏 鳩山元総務相の新党入りに否定的見方示す(産経新聞)

<北朝鮮経済制裁>政府が1年間延長へ 強硬姿勢を堅持(毎日新聞)

 政府は31日、4月13日に期限切れとなる日本独自の対北朝鮮経済制裁を1年間延長する方針を固めた。4月上旬に閣議決定する。昨年4月以来の延長で、自民党政権下の措置を継続する。核・ミサイル問題で解決の兆しが見えず北朝鮮が6カ国協議の復帰に応じない中、強硬姿勢を堅持する。

 制裁は06年10月の北朝鮮の核実験を受けた措置で、北朝鮮籍船舶の入港禁止や北朝鮮からの全品目の輸入禁止が柱。平野博文官房長官は、6カ国協議の進展状況を慎重に見極める考えを示した上で「制裁を延長しないとか(対象を)狭めるといった状況にはない」と指摘している。

普天間移設、月内一本化困難 首相が発言後退(産経新聞)
<中国毒ギョーザ>身柄引き渡しは困難(毎日新聞)
<上田市長選>母袋創一氏が再選 長野(毎日新聞)
【風を読む】論説委員長 中静敬一郎 若者が自衛隊に入れない(産経新聞)
たこフェリー「あさなぎ丸」 あす最終航海 18年の思い かじに込め(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。