So-net無料ブログ作成

<口蹄疫>「宮崎牛どうなる」 感染地域3割超す(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題は10日、新たに宮崎、日向市で感染疑いの家畜が見つかり、感染はいっこうに終息する気配がない。都城市と隣接する鹿児島県をはじめ、他県の関係者も感染拡大への不安を募らせている。

 宮崎県内26市町村のうち、感染農家が出ているのは4市5町(終息したえびの市を除く)。県全体の面積の32%に達した。

 「終息に向かうと思っていたが、吹き飛んだ。宮崎の牛はどうなってしまうのか」。この日、口蹄疫特有の症状を示す家畜が見つかった西都市。厳重な防疫態勢を敷いていただけに、JA西都職員はショックを隠さない。

 西都市は、県が宮崎牛ブランドの復興を託すエース級種牛5頭の避難先。畜舎は今回疑い例が見つかった農場から20キロ以上離れており、感染の可能性は低いとみられる。

 日向市は10日の対策本部会議で、11日未明までに発生農場内での埋却地の掘削を終え、60人態勢で349頭の牛の殺処分と埋却をすることを決めた。黒木健二市長は「断腸の思いだが、早急に手を打ちたい」と述べた。発生農家から3キロの場所に農場を持つ日向市和牛改良組合会長の黒木豊喜さん(56)は「ワクチン接種だけは勘弁してほしい」。

 宮崎市も11日中に殺処分から埋却までの全作業を終える方針。児玉稔・現地対策副本部長は「ついに来たか、という感じだ。職員も動揺している。今は迅速に処分することだけを考えている」と険しい表情を見せた。

 宮崎市の畜産農家で殺処分されたエース級種牛「忠富士」の育ての親、川越忠次さん(52)は「宮崎市は人家が多く、まん延すれば埋却地の確保も難しい。何としても1軒で収まってほしい」と語った。【小原擁、木元六男、阿部周一】

河村市長 「増税せんで」菅内閣に注文(毎日新聞)
松本清張「砂の器」 島根・亀嵩 「おんぼらと」に癒やされて(産経新聞)
国道維持管理は「抜本改善」=省庁版事業仕分けで―国交省など(時事通信)
区分審理で近大ボクシング部2元部員、対象外事件を認める(産経新聞)
<蓮舫行政刷新相>白のスーツ姿で初登庁(毎日新聞)

「自分で作った方が早い」 警部補が交通違反の実況見分調書にうそ記載(産経新聞)

 交通違反の実況見分調書にうそを記載したとして、埼玉県警監察官室は28日、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、飯能署交通課の男性警部補(52)と、当時部下だった男性巡査部長(59)、同地域課の男性巡査長(36)の3人をさいたま地検に書類送検した。警部補と巡査部長は同日付で退職した。

 実況見分調書は客観性を保つため、違反を目撃した警察官は作成しないことになっている。同室の調べでは、警部補は平成20年7月、同年4月にあった交通違反の実況見分で、違反を目撃した当事者なのに自ら調書を作成。さらに、立ち会っていないはずの巡査長が立ち会ったなどとする虚偽の内容を調書に記載した。巡査部長は内容を確認しないまま、調書に作成名義人として署名した。

 男性警部補は「自分で調書を作った方が早かったのでやってしまった」と話しているという。

【関連記事】
暴行隠しの書類作成、元刑事課長ら懲戒処分 京都府警
捜査書類の逮捕時間を虚偽記載 警部ら8人書類送検 
村木被告「わなにはめられた」 実質審理終了、9月にも判決 郵便不正公判
調書改ざん容疑で三重県警警部補を書類送検
千葉県警警部補、告訴状に虚偽記載の疑い

酒気帯び運転 伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
<宇宙種>再度打ち上げ…同じ種類、JAXAが方針(毎日新聞)
「これからも連立の中で」鳩山首相、社民に求める(産経新聞)
[FREESPOT] 福島県と大阪府にアクセスポイントを追加
週内に殺処分終了を=農水相、宮崎知事に要請―口蹄疫(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。